​本田 有明

本田コンサルタント事務所 代表

1952年、兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学哲学科卒業後、社団法人日本能率協会に勤務する。経営事業本部、情報開発本部などに所属し、部長職を務める。1996年に人材育成コンサルタントとして独立。主に経営教育、能力開発の分野でコンサルティング、講演、執筆活動に従事している。懇切丁寧な指導と明快な語り口調には定評がある。また作家として、小説・児童書の分野でも著作が多い。

著書紹介

 

​ビジネス書

​小説・児童書

人材育成の-人を動かす30のヒント
結果主義のリーダーはなぜ失敗するのか
上司になってはいけない人たち
若者が3年で辞めない会社の法則
ヘタな人生論より葉隠
仕事に活かす“論理思考”
cb007
願いがかなうふしぎな日記
望みがかなう 魔法の日記
歌え! 多摩川高校合唱部
ファイト!木津西高校生徒会
メロンに付いていた手紙

その他多数。こちらをご覧ください。

講演テーマ(実績)

 

■トップリーダーを育てる総合講座

■経営に活かす哲学的思考法

■実践ダイバーシティ・マネジメント

■人材が育つ会社、育たない会社

■間違いだらけの部下指導

■残業がない職場をどうつくるか

■モチベーション・マネジメントの鉄則

■自治体改革の新たな取り組み法

cb007

「夢や希望を実現するための小さな一歩を踏み出してほしい」木島先生の言葉で、陽翔は「夢の実現計画」について考え始めた。野球少年である陽翔の夢は、プロ野球選手になること。一方、双子の弟・大翔の夢は発明家。日頃から発明のアイデアを考え親からも期待されている大翔と比べてしまう陽翔は、自分だけの未来ノートを作るため、動き出した。 ある日陽翔は、大谷翔平選手の目標達成表のコピーを入れたお守りを無くしてしまった。それを知った、少年野球のマネージャーで同級生の沙良が、自分で縫ったお守り袋を陽翔にくれた。沙良の夢は、ファッションデザイナーになること。沙良は未来の自分の姿を描き、目標をかかげてしっかりと行動に移していた。 大翔、沙良から刺激を受けた陽翔は、論理展開シートなどを作り、夢の実現計画に向けて少しずつ進んでいく――。 『願いがかなう ふしぎな日記』『望みがかなう 魔法の日記』に続く、「日記」シリーズ第3弾。

Go to link