検索
  • 本田有明

『ここではない、どこか遠くへ』

更新日:8月2日

こんな思いにかられたことは、誰にでもあるでしょう。もしかしたら小学生にだって。その思いを行動に移したら、どうなるだろうか。

 と考えて、想をふくらませてみました。はじめにタイトルありき、です。

 結果、次のような物語ができました。


https://www.youtube.com/watch?v=J9N8DwcEN4c

https://www.netgalley.jp/catalog/book/226294


 版元が考えてくれたオビのキャッチコピーは「令和版 スタンド・バイ・ミー」。子どもだけでなく、親の世代にも読んでほしいとの願いからでしょう。

 スティーブン・キング原作の映画『スタンド・バイ・ミー』は、12歳の子どもたちを描いた傑作として知られています。拙著もまたそのように……と書きかけたところで、羞恥心にかられてしまいました。

 とりあえず、これまでに書いた読み物の中では、いちばん手ごたえを感じています。よろしかったらご高覧・ご高評ください。

最新記事

すべて表示

「多様性を尊ぶ」とは――?

近年、「ダイバーシティ・マネジメント」に関する講演やセミナーの依頼が増えました。 多様な人々を差別することなく尊重し、それを強みにするマネジメント志向しよう、という趣旨であることは、「いまさら」でしょう。 しかし多くの職場では、年長者ほどこの言葉に、戦々恐々としているようです。外国籍や障がいをもつ人、LGBTという文字ばかりに目がゆき、「該当者がいない場合はどうすればいいのか」という質問を受けるこ

最新情報欄の“リアル最新情報”

私は自分のホームページについて、こう考えていました。問い合わせをしてくださる方々(主に講演やセミナー、執筆依頼の方々)にメールアドレスと、お会いするとき用の顔写真を提供できればそれでよいと。そのため「最新情報」欄を設けておきながら、何年も更新せずにおりました。 すると友人から、「もう亡くなったのかと思われますよ」と指摘されました。「それに、載せている写真だって若すぎる。替えたほうがいいです」と。